協会概要

◯協会概要

名 称  静岡県広告業協会
事務局  〒420-0035 静岡市葵区七間町9-3 テンコレクション2F
設 立  昭和49年5月8日

●協会規約 ●慶弔内規


◯設立趣意

広告業の業務の向上並びに親睦を図り、各媒体社と連携して静岡経済の発展と広告文化の普及に寄与することを目的に、昭和49年5月8日に設立されました。
クリエイティブ研究会や広告ビジネス講座などの研修、CMグランプリやACC CMフェスティバルの開催などを通じ、会員各社一丸となって広告業界の発展に努めております。


◯令和3年度にあたって

令和3年度理事長 波多野浩太郎

 新型コロナウイルス感染症は私たちの生活を一変させました。皆様もこの困難な状況の中、工夫したり、耐えたりと手探りで歩んでこられたかと思います。東日本大震災以降、堅調に伸びていた日本の広告費も9年ぶりのマイナス成長。ただ、その中でインターネット広告費だけが前年比約106%と成長を続けています。昨年、日本の広告費においてインターネット広告費がテレビメディア広告費を超えたと話題になりましたが、コロナ禍によりデジタルへの移行はさらに加速され、生活者の消費行動もデジタル中心になると予想されます。
 こうした状況は思ったよりも深刻であり、広告会社としてこの変化にどう向き合うべきなのか、姿勢を問われているように感じます。情報を信じることよりも、情報を疑うことを先に伝えなければならないインターネット環境が素晴らしい広告メディアであるとは(まだ)思えませんが、それでもデジタル界隈は日進月歩を続けています。こうした現状だからこそ、私たちは広告会社として信用ある広告媒体とデジタルに親和性を見出し、成果を求めていく責任があるのではないでしょうか。もちろん簡単なことではありません。協会としてもそのような課題に取り組んで参りますし、何より会員皆様の叡智が集結することで可能となる部分が大きいと思います。
 新型コロナが経済に及ぼす影響は、最悪の時期を脱したのかもしれませんが、私たち広告会社にとってアフターコロナ時代の見通しは明るいとも限りません。ぜひとも積極的な事業参加を通じて親睦を図り、知恵を出し合い、時代の変化とともに歩んでいける業界の未来を共に描こうではありませんか。

重点目標
1. 4媒体とデジタルの親和性の模索
2. 協会メリットの再構築

Return Top